年齢・マスク着用によるほうれい線を無くしてブルドッグ化を防ぐ方法

年齢・マスク着用によるほうれい線を無くしてブルドッグ化を防ぐ方法顔&体

肌のたるみが気になって仕方がない~!!!!!

大学生と高校生の母親なので、年齢はだいたいお察しいただけると思います。

顔を指で押してもまったく弾力がない私の肌・・・かなり前からこうなっていることは分かってはいたが・・・・

 

私のハリ不足は、うるおい不足もあるにはあるけど、老化による真皮と筋肉の衰えが一番の原因だろうな。

ほぼ1日中マスクを着用していると、自分の顔のほうれい線を見る機会が少なくなってホッとしている気がする。

が、「もう消えないようにしてあげるね」と言わんばかりに、深~く刻印されているようなほうれい線が出来上がっていることに気がついた。

目が悪い上に、自分の顔をみることを無意識に避けていた私は(老けている顔をみると元気なくすからだと思う)、ほうれい線の濃さに驚き、久々に5分以上自分の顔をまじまじと見たのでした。

表情に乏しくなると顔の表情筋が動かなくなり、さらにたるみが増すのだと、自分の顔を見て納得・・悲!

このままいくと、ブルドッグの顔になります、マジで! 汗・・

 

顔だけでないんですよね。

太ももやふくらはぎ、二の腕などが一気に「ポヨ~ン」という感じになってきた!!

そして、ハリがない首にもたるみがきていて、ばあちゃん首になってきていることに最近気が付いた。

娘にも指摘されてしまったのです。ショック。

老化が至る所にドド~ッて押し寄せてきた感。悲。

 

美の努力をせずに年齢を重ねていくと、悲しいかな、重力に逆らえずに下に落ちてきている自分の肌と出会うことになります。

顔だけでなく、体全体がそうなるのです。

今現在実体験中の私なのです。

 

そして、「鏡を見ることを避けたり、見るたびにため息はつきたくない」

素直にこう思ったのでした。

「まあいいか~」と思わず、意外と前向きな自分に嬉しくなった。

「うんいけてる!」と、元気がでる自分でありたい。

 

マスク着用によるほうれい線を隠せる今を逆に利用して、ほうれい線が気にならない顔を作り直したい。

自分自身が今取り組むべきことを調べました。

スポンサーリンク

真皮と筋肉の衰えが原因のハリ不足は化粧品で対処できない!

 

スハダ×スキンケア(https://earthcare.co.jp/blog/fine-skin)によると、

「真皮や筋肉の衰えが原因のハリ不足は、どんな化粧品でも対処できません。」と断定。悲。

 

どんな化粧品も、性質と体の構造上、浸透するのは 角質層まで なのだそうです。

表皮と真皮ってどういう構造?と思い調べると、角質層の下には顆粒層、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層があり、ここまでを表皮というそうです。

基底層で日々新しい細胞が作られて、徐々に表面に押し上げられて角質層となり、最後は垢となる、ターンオーバーを繰り返すとのこと。

表皮の基底層の下に、真皮があります。

表皮を下から支える真皮の中には、 繊維芽細胞 と呼ばれる、美肌作りに一番大きく関わる細胞が含まれているとのこと。

だから、この繊維芽細胞が弱って、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生産がうまくいかなくなると、しわやたるみにつながるようなのです。

顔の筋トレは、真皮の厚さを増加させるそうです。

真皮が厚い人は、顔のしみ・しわ・たるみが少ないそうですよ!

筋トレによって、血中成分が変化し、繊維芽細胞が影響を受け、コラーゲンなどの美肌成分をたくさん作りことで厚みが増すようです。
(参考:ポーラ化成工業株式会社 http://www.pola-rm.co.jp/pdf/release_20201016_05.pdf)

これは、体全体にもいえることなので、筋トレはアンチエイジングに有効だということ!

やっぱり、運動不足が顔だけでなく、体全体のたるみにつながっていたのか~納得。

 

真皮と筋肉の衰えが原因のハリ不足は、真皮と筋肉を育てるケア+衰えを予防するケアを行わないといけないそうです。

 

スポンサーリンク

真皮と筋肉を育てるケア+衰えを予防するケアの対策

 

スハダ×スキンケア(https://earthcare.co.jp/blog/fine-skin)によると、真皮と筋肉を育てるケア+衰えを予防するケアには5つの対策があるようです。

 

・真皮を最も傷つける紫外線から守るため、 1年中紫外線対策をする
(紫外線にはUV-A波とUV-B波の2種類があって、夏に増え、冬になると少なくなるUV-B波と違って、UV-A波は1年間ほぼ一定の量で降り注ぐそうです。)

・紫外線を浴びて体内に発生した活性酸素が、肌のハリに導くコラーゲン線維を破壊するため、抗酸化作用が強い、 ビタミンC・ビタミンE・ベータカロチン と肌の材料となる タンパク質 を補給する。

・成長ホルモンが活発になるのは眠り始めの最初の3時間
健康な肌細胞が生み出されるためにぐっすり眠れるように工夫をする。

・たるみ解消法は、内側の筋肉を動かすストレッチで筋肉を鍛えてリフトアップさせる
マッサージは血行促進にはなるけれど、外から力を加えるために、真皮や筋肉を傷つけてたるみを招くおそれあり。

・真皮を傷つけやすいため、顔に手を触れるのはなるべく避けた方がいいようです。
頬杖をついたり、目をこすったり、メイク用品を肌に強く当てたり、ふき取りタイプのメイク落としを使うときや、洗顔時に力を入れる癖がついていると、しわの原因になるとのこと。

スポンサーリンク

顔の筋肉を鍛えるストレッチ

 

何らかの努力をしないとどんどん衰える。

上記の対策の中で、私にとって一番重要なことは、

顔の筋肉を鍛える事

顔の筋トレ(正確には全身の筋トレが必要なのですが)!!

 

調べていてよーくわかりました。

 

顔の筋肉の大部分は口周りの筋肉とつながっているそうです。

口周りの筋肉を「口輪筋」というそうですが、特にこの口輪筋を鍛えることで、頬のたるみがなくなり、ほうれい線を消す効果が期待できる ということです。

 

見た目を変えるには努力は必要ですが、以下のストレッチは特に難しくなく、ながらでできます。

意識して毎日続けることが大切ですよね。

 

(引用:https://earthcare.co.jp/blog/fine-skin#i-4)

ほうれい線のたるみ対策

1)口をタコのようにして、グ~ッと前面に突き出します。そのまま3秒間ストップ!

2)ノドの奥が見えるくらい大きく全開にします。そのまま3秒間ストップ!

●1+2を1セットとして20セット繰り返します。

●1と2の大きな動きでハリと弾力がUP!

 

フェイスラインのたるみ対策

1)右目を大きく開けて、左目をギュッととじます。そのまま5秒間ストップ!

2)左目を大きく開けて、右目をギュッととじます。そのまま5秒間ストップ!

●1+2を1セットとして、10セット繰り返します。

●目の周りの血行が良くなるから、目のクマ改善にも期待大!

 

目元のたるみ対策

1)頭を後ろに倒して、天井を見ます。口を大きく開けてそのままの状態で5秒間ストップ!

2)1の状態のまま舌を天井に向かって突き出します。そのまま5秒間ストップ!

●1+2を1セットとして5セット繰り返します

●二重アゴと首のシワに効く!

 

 

ELLE DK.サイト(https://elle-dk.com/bulldog-face/)には、ブルドッグフェイスを改善するエクササイズである、「キスミー体操」が載っていました。

眠っている間に筋肉が固くなるので、朝に実践するといいそうですよ。

血行が良くなって化粧の乗りも良くなるとのこと♡

  1. 背筋を伸ばして首を後ろに倒す(上を見上げた状態)
  2. そのまま(①)の状態でキスをするように唇を上に突き出す
  3. 「ウー」と声を出し、10秒間キープする
  4. 元の位置に戻る

①~④を3セット、1日2回(朝晩)行うようにしましょう。

 

口を突き出すと、ほうれい線が消えて、ほうれい線あたりの筋肉に力が入っているのが分かります。

 

↓ハルメクサイト(https://halmek.co.jp/beauty/c/aaging/2330)は、口を閉じて、ほうれい線を舌先で内側からなぞるトレーニング。
私も以前やっていましたが・・間違ったやり方をしていました!

口輪筋を鍛えるのが目的なので、顎を引いて口を閉じたまま舌を動かさないといけないのに、私は口は半開きにしながらやっていたので、アウト~!

だから変化がなかったのかあ。

 

↓口を閉じたまま、舌を口の内側からアプローチする表情筋トレーニング「口周りプッシュ」

ほうれい線を消したい!間々田佳子さんが教える表情筋トレーニング<第5回>「口周りプッシュ」

 

ふぐのポーズもあります。

鼻の下を膨らませると、ほうれい線がピーンと伸びて、頬から下の筋肉に刺激を与えるとのこと。

【顔ヨガ1分動画】間々田佳子さんが教える「フグの顔」

 

ピヨピヨエクササイズというものもあります。

アンチエイジング!フェイストレーニング第3弾、口輪筋を鍛えよう!お口周りの小じわやたるみ改善!ピヨピヨエクササイズ☆【リハ美】

これらのストレッチの中で続けられそうなものを習慣化して1日に何度も繰り返すことが大切ですね。

スポンサーリンク

まとめ

 

顔の筋肉の大部分は口周りの筋肉とつながっていて、この口周りの筋肉である「口輪筋」を鍛えることで頬のたるみがなくなり、ほうれい線を消す効果が期待できる。

なので、スマホやパソコンをしながら上記のストレッチをして口周りの筋肉を鍛える習慣をつけることが重要ですね!がんばりま~す!

タイトルとURLをコピーしました